お知らせ・イベント情報

トップ > お知らせ・イベント情報 > 飼育のサル57頭を駆除 千葉の動物園、交雑種と判明で

  • 飼育のサル57頭を駆除 千葉の動物園、交雑種と判明で
  • 千葉県富津市は20日、ニホンザルを飼育している高宕山(たかごやま)自然動物園(同市豊岡)で、164頭のうち、約3分の1の57頭が特定外来生物のアカゲザルとの交雑種であることが分かり、駆除したと発表した。

    同県の房総半島では、ニホンザルの生息域で野生化したアカゲザルとの交雑が進んでおり、市が昨秋から同園の全頭についてDNAの調査をしていた。

    同園はサルの動物園で、県から許可を得て、ニホンザルの一群を、檻(おり)の中で飼育している。

    アカゲザルやその交雑種は生態系に悪影響があるとして外来生物法の規制対象になっており、同園で飼うことは認められていない。

    ただ、サルが檻のすき間などから外に出てしまうことがあり、園外でのアカゲザルとの交雑が懸念されていた。

    市は、京都大学霊長類研究所などに委託して調査し、その結果、57頭が交雑種と判明し、駆除したうえで15日に慰霊祭を開いて弔ったという。



    コメント:

    猿って知能の高い動物なので、かなりの恐怖だっただろうね。

    人間の都合で処分するって..

    殺さんでも去勢等して別の施設で終生飼育してやれば良いと思うが、動物の展示で儲けている施設が、動物を殺す。。

    絶滅を危惧する生き物を本気で増やす取り組みをしていない施設(動物園)は減らすべき。

    ん~、動物園(見世物園)はいらんよね。

  • 1位 アヒルのぴいたん アクセス:5264
    2位 カルガモのモカ… アクセス:4135
    3位 ぴいたん カン… アクセス:3800
    4位 コールダック(… アクセス:3719
    5位 可愛いなと思っ… アクセス:3235

    一覧



    コールダックの動画


    QRコード